モトクロスバイクを使う競技について

モトクロスバイクというものはご存知でしょうか。
モトクロス競技に関しては、近年人気も高まりつつあり日本においても認知度も広まっているのです。
今回は「競技」に焦点をあててモトクロスの世界に触れていきたいと思います。

モトクロスとは

モトクロスとはオートバイ競技の1つです。
モトクロスバイクである「モトクロッサー」というものを用いて未舗装のレース専用周回コースを使い順位を争います。
このバイクですが、行動を走行することのできない「協議専用車」となっています。

ただしこうした協議スタイルが全てというわけではありません。
草レースと呼ばれるものの中にはもモトクロスであっても行動走行可能斜面を利用して作ったりというものもあるのです。

競技について

その最大の特徴は「スタート」にあるでしょう。
30台前後のバイクが横一列に並びスターティングゲートを使用して一斉スタートするのです。
その姿は見ているものを魅了する圧倒的な迫力があるともいわれています。
ただし、予選会などが事前に開かれていた場合、予選上位通過者からスターティンググリットを選ぶこともできます。

基本的にはレースそのものは起伏に富んだ土が露出しているオフロードコースを使用されて競います。
コースにはジャンピングスポットなどが設けられていることも多いので、飛んだり跳ねたりという三次元的なアクション要素が強い競技とも言えるのです。
さらには、路面コンディションにおいてもレース進行と共に変化していきますので、非常に複雑な要素も持ち合わせているといえるでしょう。

スピードにおいては最高140キロ近くでるコースもあり、草レースから公式レースまでレベルもおおく用意されています。
熱狂的なファンも多いのです。

競技の規定について

天候やコースの状況の変化が激しいことは先に触れました。
そのことから、周回数ではなく規定時間で争うことが定められているのです。
日本においては、日本モーターサイクルスポーツ協会が主催している「全日本モトクロス選手権」をはじめとするレースが開催されています。

最近人気のモトクロス競技

都市部のスタジアムなどに土砂を運び込んでジャンピングスポットに工夫を凝らした特設コースを作る「AMAスーパークロス」も北米を中心に人気が高まっています。
こちらは競技的要素というよりも「興業」としての要素が強く、ショー的に楽しむことができますので年齢層も幅広く楽しみながらモトクロスの世界観に触れられると評判を読んでいるのです。

日本とモトクロス

日本においての初めてのレースは1959年の「第一回全日本モトクロス」が開催されたことに始まります。
1970年代に入るとその人気も高まるようになり、バイクにおいてもモトクロッサーやエンデューロマシンが市販車として出回るようになりました。
これをキッカケしてさらにレースは盛んになっていったのです。
レース専用車においても今では一般のバイクショップで取り寄せ可能となっていますので、愛好者も増えています。

専門のスクールなども開設されるようになりより身近な存在になりつつあります。

モトクロスに触れてみる

メジャーというわけではありませんので、モトクロスという競技そのものをご存じなかった方もいらっしゃるでしょう。
競技として・ショー要素として幅広い活躍をみせる世界でもありますので触れて見るのはいかがでしょうか。
また、バイクが好きという方においても充分に楽しんでいただけることと思います。