モトクロスの基本ポジションとウェア類について

今ではモトクロスもスクールやバイクを用意せずとも気軽に楽しみやすい環境が整うようになりました。
しかしながら、中には自宅でもしっかりと知識を身につけて楽しみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バイクは乗ってみないとという部分はあるかと思いますが、事前に知っておくと便利な「ポジション」について見ていきましょう。

基本ポジションについて

林道であれば、基本的には前席中間付近のシッティングでも構いません。
テールスライド時などは、シートの前方になるべく座っていると良いでしょう。

そのほうが、ライダーが振られる量が少なくスムーズかと思います。
その際のヒジのポジションですが、少し上げ気味を意識していたほうがハンドルの振られ似たいして押さえが効きやすいかとも思います。

スポーツ系ライダーを目指したい方へ

オフロードにおいては、舗装道路を走るとき以上に全身を使ってバイクをコントロールする瞬間が多いのです。
動きやすさやベンチレーション機能も大切です。

しかしながら、そればかりではなくプロテクション機能はしっかりと高めたい部分でもあります。

オフロードライディング用に作られたジャケットやパンツを着用されているされていてプロテクター類が装備してある際には、ヘルメットとブーツのみを装着していただく形で構いません。

林道においては岩屋意思などに足を打ちつけてしまいやすいので、ブーツは頑丈なものが良いでしょう。

ポジションと合わせて取り入れたいウェアのこと

先の説明で、基本姿勢と共にウェアについての重要性もお分かりいただけたことと思います。
専用のウェアですが、オフロード走行用のものは多数リリースされています。

もし、それらを揃えられるようでしたら購入されることをおすすめしますが、重要なのは「プロテクター類」になります。
プロテクターをしっかりと装備していただくのが大切となってきますのでこちらにおいては機能性や耐久度などをよく考えて取り入れていくとよいでしょう。

このように、競技に参加をする前段階でも考えられること・できることというものはいくつかあるかと思いますので、取り入れてみると良いでしょう。

これらは専門店やスクールなどでも相談したり質問することも可能かと思います。